バストアップに効果のある食事と栄養素まとめ

女性なら誰しも、上向きでふくよかなバストに憧れるものでしょう。自分は胸が小さいと自信をなくして諦めてしまう前に、まず食生活を見直してみることが大切です。人間の身体は食べ物によっても成長していきます。何を食べるかが、バストアップに大きく関係していると言えるでしょう。豊かな胸を目指せる食事とは、一体どのようなものでしょうか?

女子力を上げる大豆製品

バストアップには、女性ホルモンの働きも深く関わっています。女性ホルモンが活発に分泌されると、体型も女性らしくなりバストのふくらみも発達するのです。けれども疲労や寝不足、ストレスや偏食などにより、女性ホルモンのバランスは乱れてしまいます。ホルモンが正常に機能するためには、規則正しい食生活も重要です。食品の中では特に大豆製品を摂取することにより、女性ホルモンを活性化することができます。

大豆製品には大豆イソフラボンが含まれていますが、ホルモンバランスを整えるためにはこの大豆イソフラボンが有効です。黒豆や枝豆、納豆や豆乳などの大豆製品を毎日の生活に取り入れましょう。大豆の力でホルモン分泌を良くすることでバストアップを目指しましょう。さらに大豆製品は良質のたんぱく質も含まれており、胸の筋肉の発達にもつながります。

たんぱく質は大事!ダイエット中も肉や魚は食べて

アスリート選手は身体の筋肉を立派に成長させるために、たんぱく質を積極的に取り入れます。たんぱく質は肉体の成長のために欠かせない重要な成分なのです。バストもまた身体の一部であり、大きくなるためには胸周りの筋肉を発達させる必要があります。ですのでバストアップのためにも、たんぱく質はしっかり摂りたいものです。

ダイエットをしている人であっても、バストを大きくしたいのであればたんぱく質を含む肉や魚は適度にきちんと食べるようにしましょう。また血流を良くしたり筋肉を鍛えたりしながらたんぱく質を摂ることで、バストの形が綺麗になります。腕立て伏せなどのエクササイズやバストマッサージなども行いながら、良質のたんぱく質を取り入れてみましょう。肉や魚のほかにもたんぱく質が摂取できる食べ物には、卵や大豆製品があります。

海藻や野菜のおかずでビタミンとミネラルを補給

バストアップのための食事では、ビタミン類やミネラル成分も重要です。例えば細胞の代謝を促して皮膚に張りを持たせる効果のあるビタミンAや、筋肉を引き締める作用があるビタミンB2は、綺麗な形にバストアップするために必要と言えます。ホルモンの働きを活性化させてくれるビタミンEも、しっかり取り入れたいものです。ビタミンAは緑黄色野菜に、ビタミンB2はレバーや海藻類に多く含まれています。

ひじきやワカメなどミネラル豊富な海藻類も積極的に食べたいものです。ビタミンEはナッツ類やアボガドなどで摂取すると良いでしょう。また胸を作る繊維質などを形成するコラーゲンは、ビタミンCが不足すると生成されにくくなります。野菜をたくさん食べて、ビタミンCが不足しないように気を付けることも大切なのです。

まとめ

このように、バストアップのためには大豆イソフラボンやビタミン類、たんぱく質やミネラルといった栄養成分が必要であることが分かりました。忙しい人やダイエット中の人などは、栄養バランスが偏ってしまい必要な栄養が摂取できていない可能性もあります。栄養不足はバストを小さくするだけでなく、皮膚の乾燥や老化も進めてしまうでしょう。

張りがあってツルツルの美しいバストを目指したいのであれば、好き嫌いせずに1日3食規則正しい食事を心がけたいものです。なかなか満足いく食事ができない場合には、野菜ジュースや豆乳などのドリンクで、ビタミンや大豆イソフラボンを摂取する方法もあります。忙しい人でもドリンクであれば、手軽に飲めることでしょう。充実した食事で、美しいバスト作りをしていきたいものです。

厚労省「 プエラリア・ミリフィカを含む健康食品に関するQ&A」(外部サイト)

厚労省「第1表 全世帯及び各種世帯別にみた世帯の状況」(外部サイト)

自宅で実践!オススメの簡単バストアップ方法3選

女性らしい豊満なバスト、それは世の女性の憧れではないでしょうか。バストは女性らしさの象徴でもありますので、それなりのサイズは欲しいと考える女性は多いです。そこで実践してみたいのがバストアップ対策ですが、自宅でも簡単に行える方法があります。今日からすぐにトライしてみることができますから、女性らしい体を手に入れたいという人はチェックしてみると良いでしょう。

その1 マッサージで乳腺を刺激

バストアップのためには乳腺を刺激することが大切です。乳腺は乳汁を出す大事な組織ですが、ここを刺激することでその周りに脂肪が付きやすくなり、即ちそれがバストアップになります。マッサージのやり方としては、まず左手を右の脇の下に当てましょう。そして右のバストの下を通るようにして、谷間まで撫で上げるようにします。最後に左のデコルテ部分まで滑らせてフィニッシュです。逆側も同じようにして行います。これが一つの方法ですが、もう一つの方法に両手で行うものがあります。まず右の乳房に左手を置きましょう。次に右手を右の胸の下に置きます。続いて左手を右の脇の方へと撫でるようにし、右手は谷間の方に向かって同じく撫でるようにします。それぞれのマッサージを毎日10回程度行うようにしますが、実践する際にはあまり力を入れることなく優しく行うようにしましょう。

その2 簡単エクササイズで胸を鍛える

胸の脂肪を支えている大胸筋を鍛えるエクササイズもバストアップに有効です。やり方の一つが合掌のポーズで鍛えるものです。まず胸の前で掌同士を合わせましょう。その際には肘が地面と水平になるようにします。ポーズを取ったらお互いの掌の方に向かって押し合い、その状態を10秒程度キープしましょう。なお、姿勢を正しく整え、ゆっくりと息を吐きながら行うのがポイントです。

回数は毎日10回程度で行うようにします。タオルを使ったバストアップ方法もあります。まずハンドタオルの端を両手で掴みます。その際肩幅よりも広くなるように掴むのがポイントです。次にタオルが頭の後ろを通るように、息を吐きながら肘を下げていきます。今度は逆に息を吸いながらタオルを上に上げバンザイの状態になるように肘をまっすぐにしましょう。これによって肩甲骨の筋肉が解れて血行が良くなり、バストアップに期待ができます。

その3 豆乳を飲む

バストアップと言えば豆乳を飲む方法もあります。豆乳は大豆イソフラボンを含んでいますが、この成分は女性ホルモンの一つでもあるエストロゲンと近い働きをする特徴を持っています。エストロゲンには乳腺を発達させる働きがあり、そして乳腺の肥大化が起こるとそれを保護するように胸の脂肪量も多くなりますので、それによってバストアップ効果を得られるというものです。

なお、エストロゲンはその他にも様々な良い働きを持つホルモンですから、不足させないことも大切です。飲む量としては、豆乳の商品によって大豆イソフラボンの含有量が異なりますので一概には言えないものの、コップ一杯程度で十分です。大豆イソフラボンは多量に摂取すると逆効果になることもありますので、過剰に飲むようなことはせず、食事で大豆食品を食べる際にも適宜摂取量を調整することも必要と言えます。

まとめ

自宅でバストアップをする方法にはこういったものがあります。いずれも簡単にトライすることができますので無理なく続けられます。ただ、実践する上で注意しなければいけないのが、過剰に行うようなことをしないことです。エクササイズはまだしも、マッサージや豆乳の摂取などは過剰に行うと逆効果に繋がってしまうことがあります。早く大きくしたいからと無理をすると、逆効果になるリスクがあることも理解しておくようにしましょう。

そしてもう一つ注意したいのが、バストアップには根気が必要ということです。実践したからといってすぐに変化が起こるといったことはありません。特に大人の場合は成長し切った状態でもありますのでバストアップも簡単ではないのです。継続してこそ変化に期待ができますから、習慣として気長に続けることが成功の鍵と言えるでしょう。

厚労省「プエラリア・ミリフィカを含む健康食品の取扱いについて」(外部サイト)

厚労省「日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要」(外部サイト)

正しい姿勢に気をつけるとバストアップ効果がある?

ウェストがキュッと引き締まって、全体的にスリムなのにメリハリのあるボディは、男性だけでなく女性の目から見ても憧れるという人が多いようです。「ただ大きいだけでなく、形もキレイでないと」「体重はそのままで、バストアップしたい」など、悩みは尽きませんが、普段の生活の中で、ちょっと姿勢を意識するだけで、育乳だけでなくスタイルもよくなる効果が期待できるのです。

姿勢が悪いとバストアップしづらいって本当?

悪い姿勢の代表といえば、猫背を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。猫のように丸まった猫背を続けていくうちに、癖になってしまうと、骨盤が歪み、背筋だけでなく、胸を支える大事な役割を担う大胸筋の筋力まで徐々に衰えていってしまうとされています。また、猫背にもう一つの悪い姿勢の見本、「反り腰」が加わってしまうと、腰が前に反りお尻が後ろに突き出てしまい、実際の体形より太って見えてしまいます。

結果的に、バストに流れるはずのリンパや血液のめぐりが悪くなり、バストが冷たく小さくなってしまう可能性があります。残念ながら、姿勢が悪いままだとバストアップしづらいというのはあながち間違いではないようです。バストアップの第一歩として、悪い姿勢を正して、美しい姿勢に変えるんだ、ときちんと意識することから始めてみるのが大切です。

立つときも座るときも正しい姿勢を意識して

電車の中で立っている時、片足に体重をかけてしまう。座っていても足を組んでしまうなど、つい習慣になっていることはありませんか。バストアップのための正しく、美しい姿勢は、立った時横から見て、耳・肩・骨盤・踝が一直線上に並んでいる状態になります。頭のてっぺんを空中に一本のワイヤーでピンっと引っ張られているように意識して、おへその下の丹田と呼ばれる部分にグッと力を入れて立ってみてください。

背中がぐっと伸びている感じになりませんか。座っている時の正しい姿勢は、椅子の上で骨盤をグイっと立てて、横から見て、耳・肩・腿の付け根が一直線に並んでいる状態です。そうは言っても、いきなり常時美しい姿勢をキープするのって大変ですよね。ですが、毎日続けていくうちに、いつの間にか自然と正しい姿勢が身に付いているはずです。明日の美胸を目指して、今日も正しい姿勢を意識して過ごすのが大事です。

デスクワーク勢におすすめ!ストレッチで悪い姿勢をリセット

忙しい現代女性、長時間のデスクワークでついつい背中が丸まって、知らず知らず頭、肩がコチコチになってしまい、その結果、胸まで下垂してしまわないためにも、仕事の合間のストレッチで悪い姿勢をいったんリセットすることをおすすめします。「あ、今猫背になってるかも」と気付いたときに、椅子に座ったままで出来るストレッチを紹介します。まず、骨盤を意識して立たせ、背筋を伸ばします。

次に、両手を背中の後ろに回して、指先は上に向けたまま、手の平を合わせます。たったこれだけで、肩甲骨が開いて、縮こまった肩や胸の筋肉がほぐれ、血液の流れがよくなり、バストアップにつながります。他にも、首を右にゆっくり倒して5~10秒キープしたら、次は左に倒して同様に、というストレッチも、簡単で、首のコリをほぐしてくれるのに効果的です。仕事中、仕事終わりに1回ずつ行うのに加え、疲れたな、リフレッシュしたいなと感じた時にやるようにするとストレスの軽減にもなります。

まとめ

正しい姿勢で立つだけで、胸は悪い姿勢の時よりも張りが出て、上向きに見えるようになります。美しい姿勢で立っているだけで、体は猫背の状態よりもカロリーを多く消費しています。バストアップのために続けていくうちに、美姿勢でいることが当たり前になり、気づいたら基礎代謝がアップしていて、ダイエットにもつながった、なんて嬉しい結果も待っているかもしれません。

Eカップ、Fカップとまではいかなくても、今よりほんの少しでもバストアップ出来たら、スタイルに自信がつくのにな、と悩んでいる人がいたとしたら、まずは姿勢を変えてみることから始めてみてはいかがでしょう。張りがあって柔らかく、マシュマロのような理想のバストに近づくために、毎日の正しい姿勢をキープする、と意識して過ごすことが重要なのです。

厚労省「 プエラリア・ミリフィカを含む健康食品に関するQ&A」(外部サイト)

国民生活センター「 美容を目的とした「プエラリア・ミリフィカ」を含む健康食品-若い女性に危害が多発!安易な摂取は控えましょう-」(外部サイト)

短期間でバストアップするために押さえるべきポイント3選

短期間で結果が出るバストアップのコツは3つあります。1つ目はナイトブラを着用すること、2つ目は日々エクササイズをすること、3つ目は毎日バストマッサージをすることです。この記事では、ナイトブラを選ぶポイントを紹介しながら、エクササイズとマッサージの簡単なやり方にも触れていきます。是非参考にしてください。

夜はナイトブラを

短期間でバストアップするにはいくつかの方法がありますが、手っ取り早いのはナイトブラを着用することです。ナイトブラは寝ている間にバストアップをつけるブラジャーですが、着用するだけで綺麗なバストをつくることができます。ナイトブラを選ぶポイントとしては着心地の良いものを購入することです。寝ている間につけるものなので、締め付けがきついものや肌に合わない素材でつくられている場合は睡眠を妨げます。

必ず購入する前に試着をして確認してみましょう。また、もう1つのポイントとしては胸のサイズにぴったりのナイトブラを選ぶことです。購入前に現在のバストがどのくらいのサイズなのかをチェックして、サイズが合っているものをつけましょう。バストの形は容易に変わるものなので、きちんとナイトブラの中に収められるものにすることです。ナイトブラは着用して眠るだけでバストアップを期待できるので、是非試してみることをおすすめします。

毎日続けるエクササイズとマッサージ

バストアップを短期間に実現するには日々のエクササイズとマッサージも重要です。バストアップのエクササイズのやり方は簡単です。まず姿勢を正した状態で合掌するポーズをします。このときにひじは直角に曲がる形を維持します。それから息を吐きながら15秒間程度手の平を押し合います。これを1日に15回やるだけでかまいません。ポイントとしては、腕にしっかりと筋肉が張っているかどうかです。

また、腕立て伏せもおすすめのエクササイズです。1日に30回程度で十分です。これらのエクササイズで大胸筋が鍛えられてハリのあるバストになります。こうして筋肉を身につけてからバストマッサージをすると、血液循環を促進させてバストがよりふっくらしてきます。やり方はバストをゆっくりと揺らすだけです。これで血行不良になっているバストの血流が良くなります。ただし、揺らしすぎると靭帯が切れることがあるので、くれぐれもゆっくりとやさしく揺らすことです。

無理なダイエットやストレスはNG!規則正しい生活が大切

バストアップに大敵なのがダイエットとストレスを蓄積することです。まずダイエットをするとバストのボリュームが短期間で落ちます。なぜならバストの脂肪は身体が栄養不足になると真っ先に燃焼されるからです。また、ダイエットをすると女性ホルモンの分泌量が減少します。したがって、バストアップを図りたいなら無理なダイエットを必ずやめることです。

ストレスも女性ホルモンの減少につながってバストのサイズがダウンしてしまいます。ストレスを感じると脳から女性ホルモンをつくるように指令が出されなくなります。女性ホルモンが減少すると乳腺が発達しなくなってバストに悪影響です。むしろ、大切なことは規則正しい生活をして睡眠時間をたっぷりととることです。成長ホルモンが分泌されてバストアップにつながります。

まとめ

ここまでバストアップを短期間で実現する方法を紹介してきました。意外に簡単な方法でバストを大きくすることができることがわかったと思います。ナイトブラは夜に付けるだけでいいですし、エクササイズも激しいものは必要ありません。合唱ポーズで腕に筋肉をつけるだけで大胸筋が発達します。血液循環を促して胸をふっくらとさせるバストマッサージも簡単です。胸をやさしくゆっくり揺らすだけでいいです。こうしたことを毎日すると短期間でバストが大きくなります。

注意点としてダイエットをするとバストがすぐにサイズダウンしますし、ストレスを蓄積すると女性ホルモンも少なくなって胸が小さくなります。規則正しい生活をして睡眠時間をたっぷりととると成長ホルモンが増えてバストアップにつながります。是非参考にしてください。

厚労省「プエラリア・ミリフィカを含む健康食品の取扱いについて」(外部サイト)

バストアップで積極的に摂取したい栄養素まとめ

バストアップを目指すには、まず食生活からあらためないといけません。バストが大きくなるには乳腺と脂肪量が多くなることが必要不可欠です。この2つを増やす栄養素を摂取すれば当然バストアップにつながります。この記事では胸によい栄養素を紹介しながら、摂取する上での注意点にも触れていきたいと思います。是非参考にしてください。

ダイエット中でもお肉は必要!タンパク質が胸を作る

バストアップを実現するためには食生活の見直しが大切です。たとえば、摂取するべき栄養素の1つとしてタンパク質があります。そもそもタンパク質は人間の身体、筋肉、皮膚などすべてを構成している栄養素の1つです。タンパク質不足になると健康に大いに影響を与えてしまう可能性があります。そのため、ダイエットをしているときであっても、タンパク質の摂取が望ましいです。タンパク質がバストアップのためにも必要な理由は、女性ホルモンの分泌を促す働きがあるからです。

胸を大きくするには胸の構成要素である乳腺と脂肪量をどちらも増やすことです。乳腺を発達させるには女性ホルモンを増やせばいいのです。タンパク質を多く含む食材としてはお肉です。ダイエットをしている人におすすめしたいのは鶏肉のササミです。高タンパクでありながら低カロリーです。モモ肉もタンパク質の含有量が多いですが、脂質がササミに比べて多いです。

ビタミン・ミネラルもたっぷりと

バストアップに必要な栄養素はタンパク質だけではありません。ビタミンとミネラルも必要です。バストアップさせることができてもそのバストのハリを維持することができなければ、せっかく大きくなった胸が垂れてしまったり、形が簡単に崩れたり、たるんでしまうことがあります。それを防ぐのに役立ってくれるのが上記の栄養素です。たとえば、ビタミンAには皮膚の新陳代謝を活性化させてハリを生み出す効果があります。ビタミンAを含む食材としては、ウナギ、緑黄色野菜、レバー、牛乳などです。一方、ミネラルにはタンパク質を合成する働きがあります。

皮膚細胞がすばやく再生されるようになりますので、筋肉を引き締めたり、みずみずしい肌をつくったり、ハリのあるバストをつくることが可能になります。このように、バストアップのためには乳腺を発達させるだけでなく、ハリをつくることも重要です。ちなみに、ミネラルを多く含む食材としては牛肉、レバー、たらこ、ささみ肉などです。

女性のミカタ!イソフラボンは摂取上限量に注意

女性の身体をつくるのは女性ホルモンです。その女性ホルモンと似た働きをしているのがイソフラボンです。イソフラボンの効果には乳腺を発達させるというものがあります。乳腺が発達すると乳腺を囲んでいる脂肪量も増加することになってバストアップにもつながるというわけです。また、イソフラボンには女性らしい丸みのある体を作る効果もあります。丸みのある体とは脂肪がつきやすい体ということです。

ただし、イソフラボンを摂取する上で注意するべき点もあります。それはイソフラボンを過剰摂取しないようにすることです。イソフラボンを毎日過剰に摂取するとホルモンバランスが乱れたり、体調を崩すことが稀にあるのです。そのため、イソフラボンが食材にどれだけ含まれているかを確認する必要があります。食材としては大豆食品が代表的なものです。

まとめ

バストアップに必要な栄養素を紹介してきましたが、いかがでしょうか。タンパク質を十分に摂取すれば、バストを構成する乳腺と脂肪量を増やして胸が大きくなります。そのため、お肉を食べることはとても大切です。カロリーを抑えたい人は鶏肉のササミが代表的なものです。また、大きくしたバストを美しいまま維持するにはビタミンとミネラルを摂取する必要があります。

胸が大きくなると垂れてしまったり、形が崩れやすくなるので、緑黄色野菜などもきちんと摂取しましょう。さらに、イソフラボンは女性ホルモンの分泌を促して脂肪がつきやすくなったり、乳腺を発達させる役割を持っています。バストアップを実現するためには上記の栄養素をしっかりと摂取することです。ただし、イソフラボンに関しては摂取上限があるので、注意してください。

国民生活センター「 美容を目的とした「プエラリア・ミリフィカ」を含む健康食品-若い女性に危害が多発!安易な摂取は控えましょう-」(外部サイト)

バストアップがうまくいかない人が気をつけるべきこと

女性らしい豊かなバストを目指して日々努力している人は多いはずです。しかし、いくらバストアップのためのマッサージをしたり、サプリメントを飲んでも効果が見られないという「停滞期」は誰にでも訪れます。「バストアップなんて無理かもしれない」と諦める前に、停滞期の原因と乗り越えるための方法を探してみましょう。

最近乱れがちだったかも?生活習慣の改善を

バストアップが停滞期に入ったら、まず生活習慣を振り返ってみましょう。いくら頑張ってマッサージをしたり効果のある成分を体の中に取り入れても、バストアップを妨げる生活をしていては意味がありません。例えば最近、日付を超えるまで起きていることはないでしょうか。バストアップに必要な女性ホルモンは、22時~2時の間に最も分泌されると言われています。睡眠を大切にしていても、この時間帯を逃すとあまり効果がないのです。

さらに、睡眠時間が短いと血行が悪くなり、ホルモンが乳腺まで届かなくなってしまいます。運動不足や身体の冷えもまた、血行を悪くしてバストアップを妨げる原因です。そのため現在クーラーの効いた部屋で長時間座りっぱなしになっていたら、それはバストアップを目指す上ではかなりよくない状態だと言えます。身体の冷えを改善するには冷たい飲み物を避け、ブランケットやカーディガンで体を冷たい風から守ることが大切です。時々軽いストレッチをすることも血行改善に役立ちます。

ブラは育乳の基本!いつでも自分に合ったブラを

バストアップにブラは関係ないと思っていませんか?それは大きな間違いです。ブラこそバストアップの基本であり、合わないブラはバストの形を崩すことにもなりかねません。自分のバストサイズより大きなブラを付けていると、バストが揺れるためにそれを支える皮膚や靭帯が伸びてしまいます。そうなるとたとえサイズが大きくなっても支えきれずに下に垂れてしまい、美しいバストラインにもならないのです。

また、バストの肉が背中に流れてしまうことにもなり、本来のサイズよりも小さく見えてしまいます。さらに合わないブラは血行を妨げるので、バストアップに大切なホルモンを乳腺にしっかりと届けるためにも自分に合ったブラを選ぶ必要があります。女性のバストサイズは変化しやすいので、少々面倒ですが、ブラを買いに行く際には毎回お店でサイズを測ってもらうことがおすすめです。

新しい刺激も必要?いつものバストアップ習慣も見直して

生活習慣を見直して、ブラジャーもしっかりサイズを合わせたのに停滞期から抜け出せない時は、身体が刺激に慣れてしまったのかもしれません。特にバストアップのためにマッサージを行っていると、次第に効果が見られなくなっていくことがよくあります。そんなときは別のマッサージ方法を試してみたり、少しの間止めてみるのも停滞期を抜け出すために有効です。

長く同じ方法を続けているといつの間にかマッサージだけが目的になって、バストアップに大切なポイントが抑えられていないということも考えられるためです。なかなか効果が見られないイライラも、ホルモンバランスを乱してしまう原因になってしまいます。「効果があるのかな?」と不安な気持ちで続けるよりも、まずはいつもの習慣を見直して気持ちをリセットしてみましょう。

まとめ

バストアップ停滞期を抜け出すために大切なことは、生活習慣と自分に合ったブラを選ぶこと、そして時にはいつもの習慣を見直すことでした。それに加えて、女性にはバストアップに向かない時期が必ずあります。それは排卵後から生理中です。なぜならこの時期はホルモンバランスがとても乱れやすく、ホルモンの分泌量自体も減少してしまうためです。反対にバストアップに向いている時期とは、生理の終わりから排卵直前の頃の間です。

そのため生理中はバストアップのマッサージなどは避け、バランスのよい食事や十分な睡眠など身体の調子を整える生活習慣を送り、生理後に備えましょう。同じく停滞期も身体を大切にする時期だと考えれば、効果が見られないストレスも小さくなるはずです。まずは気持ちを前向きにして停滞期を乗り越えましょう。

厚労省「 プエラリア・ミリフィカを含む健康食品に関するQ&A」(外部サイト)

厚労省「第1表 全世帯及び各種世帯別にみた世帯の状況」(外部サイト)

運動でバストアップ!胸トレでバストアップできる理由とエクササイズ方法

「胸が小さい」「胸のハリを取り戻したい」などバストに関わる悩みを持つ女性は多いです。バストアップには胸の土台である大胸筋を鍛えると効果的だといわれています。しかし、筋トレでふんわりしたバストになれるのか疑問に思う方も多いのではないでしょうか?そこで、バストアップと大胸筋の関係や、バストアップのために効果的なエクササイズを紹介します。

胸の土台は筋肉…運動で鍛えれば美バストに

大胸筋を鍛えることで効率よくバストアップするために、まずは胸の構造を知っておきましょう。胸の内部は下から順番に「骨格」「筋肉」「脂肪」「皮膚」となっています。乳房の部分は「脂肪が約9割、乳腺組織が約1割」と、ほぼ脂肪でできているため筋肉である大胸筋は含まれず、また、筋トレでは脂肪を増やすことはできません。ただし、その乳房を支えているのが大胸筋です。

大胸筋が衰えるとバストを支える組織を支えきれなくなります。その結果、胸の位置が下がりバストもハリを失ってしまいます。バストを支える土台となる大胸筋を鍛えることで、筋肉が厚みを増し、胸が垂れることを予防することに繋がります。大胸筋は腕や脚と違って、日常生活では使うことの少ない筋肉です。そのため意識してトレーニングすることが大切です。

道具不要!腕立て伏せでバストアップ

バストアップのために大胸筋を鍛えるトレーニングとして腕立て伏せが効果的です。腕立て伏せは、道具も機材も使わず自分の体があれば、どこでもできる運動です。大胸筋は大きな筋肉なので、筋トレの方法によっては大胸筋の「下側だけ」とか「外側」だけと部分的にしか効果がないということがあります。バストアップのためには「上側」「内側」を意識して行う事がポイントです。

つまり、力を入れる方向が体に対して垂直、または垂直より上に押すことや、腕を拡げる可動域を内側に意識するとバストアップには効果があります。筋力の弱い女性は一般的な腕立て伏せが出来ない場合があります。その時は膝を床につけて、ゆっくりと深呼吸をしながら行う方法もおすすめです。それでも難しい場合は、壁を使う方法でも良いでしょう。大胸筋の上下部分を鍛えたい時は、腕を前後に置くと筋肉を効率よくつけることができます。

100均でも買える!ダンベルで胸トレ

大胸筋を鍛える筋トレにダンベルを使用する方法があります。その中でもダンベルを持ってベンチに仰向けになって肘を曲げたり伸ばしたりするベンチプレスは男性が行う筋トレとして知られていますが、大胸筋を鍛えるには有効であるためバストアップにもおすすめの筋トレです。また、ダンベルを持ったまま両手を弧を描くように横に広げるダンベルフライは、ベンチプレスよりも可動域を広くとれます。

ダンベルフライはバランスボールなどを使って状態を斜めにして行うと、さらに効果がアップします。筋肉を発達させるには、鍛えたい筋肉の可動域を広くとることが大事なポイントです。ベンチプレスとダンベルフライをセットで行うと可動域が広くなり筋肉を効率よく発達させることができます。ダンベルは100均でも買えますし、ない場合はペットボトルなどで代用も可能です。

まとめ

美乳には筋トレはもちろん、バランスのよい食生活や睡眠も大事です。毎日の生活習慣を見直して、運動を取り入れていくとバストアップに相乗効果が期待できます。筋トレは同じトレーニングをしていても効果が出る人と、あまり効果が感じられない人がいます。それは使っている筋肉を意識しているかどうかの違いです。なんとなく動かしているよりは、意識して動かしていると効果がでやすくなります。

腕立て伏せやダンベルを使うトレーニングは、やり方次第では効果が感じられないかもしれません。腕立て伏せは腕の力で体を持ち上げるのではなく、大胸筋を意識して体を持ち上げることが大切です。大胸筋は、ふだんはあまり使わない筋肉ということもあって、年齢を重ねていくうちに衰えてしまいがちです。胸の土台である大胸筋を鍛える腕立て伏せなどの筋トレを継続して、美しいバストを目指しましょう。

厚労省「プエラリア・ミリフィカを含む健康食品の取扱いについて」(外部サイト)

厚労省「日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要」(外部サイト)

バストアップには寝方も重要!バストアップを実現する正しい寝方とは

毎晩寝るとき、どのような姿勢で寝ているでしょうか?睡眠中は女性ホルモンが1日の中でも一番活性化する時間であり、この時間を上手に活用することが美乳作りにもつながります。ふくよかで綺麗な形のバストのためには、一体どのような寝方をすれば良いのでしょうか。さらに、ナイトブラの効力についても紹介していきます。

バストによいのは仰向け寝だった!?

寝ているときの姿勢は、バストの形作りや成長にも大きく関係しています。毎晩どのような寝方をしているか、改めて確認してみましょう。人によって寝方の癖があり、左右どちらか横を向いて寝ることが多い人もいればうつ伏せで寝る人もいるかもしれません。さまざまな寝方の中で最もバストに良い姿勢は仰向けです。上を向いて寝ることで呼吸もしやすくリラックスできて良く眠れるので、女性ホルモンの分泌も盛んになります。

またバストが上を向いているので圧迫されず、血流が良くなる点も良いのです。反対に、最もバストに悪影響を及ぼしてしまうのは、うつ伏せの寝方です。うつ伏せは血液循環も悪くなりますし、身体の重みでバストを抑えてしまうのでバストが成長しにくくなります。うつ伏せで寝る癖がある人は、さっそく今夜から仰向けで寝るように心がけていきましょう。

胸の形を整える!ナイトブラはおすすめ

いくらふくよかなバストでも、下向きに垂れていては残念なものです。上を向いた形の良い美乳作りをサポートしてくれるのが、ブラジャーなのです。自分のサイズに合ったブラジャーを付けることで、胸の形を整えてさらにリフトアップすることができます。けれども日中はブラジャーを付けていても寝るときも装着していると肩が凝るでしょう。窮屈で寝にくいという人も見られます。

そこで役に立つのが、ナイトブラです。夜専門に作られているナイトブラであれば、睡眠中でも着け心地が良くてリラックスして眠れます。寝ている間もしっかりとバストを支えてくれるので、安心です。昼間に付けるブラジャーでナイトブラを代用すると、圧迫されて血流が悪くなり逆効果なのでおすすめできません。下着専門店などに行って、夜専用のブラジャーを探してみると良いでしょう。

よく寝る子は胸も育つ?枕や寝具にもこだわって

バストアップに大きく関係している女性ホルモンは、実は寝ている間が最も盛んに働いています。ホルモン分泌が活性化することで女性らしい体型になり乳腺も刺激されてバストが発達するのです。睡眠不足が少ない人は女性ホルモンの分泌も減ってしまい、バストの成長を妨げてしまうことになります。要するに、バストアップには質の良い睡眠をしっかりとることも重要なのです。

質の良い睡眠を得るためには、リラックスできる環境作りをすることも鍵となります。肩や首に負担がかからないように自分に合った枕を使うと共に、ベッドの硬さや通気の良いシーツなど寝具にもこだわってみましょう。7~8時間寝るように心がけたいものです。寝つきの悪い人は寝る前にホットミルクや生姜湯などを飲んでリラックスするのも良いでしょう。

まとめ

夜間寝ている時間こそ、女性ホルモンが働いてバストアップのために重要な時間であることが分かりました。そして理想的な寝方としては、仰向けの姿勢が質の良い睡眠を得ることができて血流を妨げないのでバストに良いというわけです。最近なんだかバストが垂れてきたと感じる人は、さっそくナイトブラの着用を試してみましょう。美しいバストを目指すのであれば、ただ寝るというのでは勿体ないのです。

このように、寝る姿勢や下着などで夜間対策を行いながら、同時に栄養価の高い食事やエクササイズを取り入れることで、よりいっそうバストアップが実現しやすくなります。まずはできることから少しずつトライしていくことで、理想の美乳も夢ではないかもしれません。何よりどの方法も継続して行うことが大切と言えるでしょう。

厚労省「プエラリア・ミリフィカを含む健康食品の取扱いについて」(外部サイト)

お風呂でバストアップ!入浴でバストアップできる理由とマッサージ

バストのサイズは体質や遺伝によるものだと、諦めている女性も少なくありません。たしかに持って生まれた個人差はあります。しかし、努力によってバストアップは可能なのです。太ったり痩せたりという体型の変化は、誰もが自分の努力によって実現可能だと認識しているのに、どうしてバストアップに関しては不可能だという迷信がまかり通るのでしょうか。お風呂のバストアップ効果で、そんな思い込みを消し去りましょう。

お風呂がバストアップに効く理由

お風呂の時間は美容におけるゴールデンタイムといっても過言ではありません。温かいお湯で血行が良くなり、リラックスした状態を保つことができるからです。バストアップの運動も、辛さや苦しみを感じながらの努力より、ゆっくりお風呂に浸かった状態で、心地良さを感じながらの方が気持ちも楽です。お風呂がもたらすリラックス効果は自律神経の副交感神経に作用します。

副交感神経は女性ホルモンの分泌と、その活性化を促します。それでなくてもただでさえ、裸の状態というのは女性ホルモンの分泌が盛んになります。子孫を残すためにも、女性の裸は魅力的でないといけないという指示が、脳から出されるからです。脳が無意識に女性としての動物の本能に働きかけながら、同時に副交感神経を刺激するという相互作用によって、女性の体内ではバストアップの準備が完璧に整うというわけです。

簡単エクササイズでバストアップ

場所に関わらずバストアップに効果的なエクササイズというのは、実証されているものがあります。代表的なのはダンベルを使った胸筋を鍛える運動です。胸筋が丈夫になると、胸に張りがでてきます。具体的な動作としてはダンベルを両手に持って腕を伸ばし、開いたり閉じたりするものが一般的です。バストアップに効果的なエクササイズですが、一点難儀なところは、人によってはバストがかたくなってしまう可能性があるところです。お風呂でのエクササイズはこのリスクを避けることができます。

まずお湯の中でエクササイズを行えば、水の抵抗があるのでダンベルを持つ必要ありません。充分な運動量がありながらも、浮力もあるので細胞組織が急速に壊れることがないわけです。つまり乳酸を大量に分泌させて、固くて丈夫な筋肉を作ろうとしなくて済みます。結果、柔軟で弾力のあるバストになるというわけです。

美胸を作る!マッサージとストレッチ

お風呂の効果は、湯船から上がったあとも持続します。血行が良くなっている状態ですので、マッサージやストレッチがやりやすくなります。このときにぜひ、肩甲骨を意識した動きをしましょう。肩甲骨を伸ばすとリンパの流れが良くなります。リンパの流れは肩こりや頭痛の改善に影響します。肩こりや頭痛が治ると、自然と姿勢が良くなります。

正しい姿勢はバストも含めて、全身のスタイルを理想的に保つための基本です。お風呂の中で胸を大きくするエクササイズをして、上がった後に肩甲骨を意識したマッサージやストレッチを行えば、バストアップまでの道のりがぐっと縮まります。自分で行うストレッチならば、ヨガでも採用されている猫のポーズがおすすめです。マッサージの場合は背面から、肩甲骨の周りをほぐしてもらいましょう。

まとめ

女性は容姿に自信が生まれるほどに、人生が充実します。だからこそ、ダイエットやエクササイズ、美容の商品は次から次に開発され、多くの人に試されます。ほとんどの商品は、きちんと継続さえできればそれなりの効果が出るものばかりです。問題は途中で飽きてしまったり、諦めてしまったりしてしまうことです。強い意志を維持し続けるのは容易なことではありません。

しかし、お風呂は多くの人がほぼ毎日習慣的に入るものです。そこでできるバストアップの運動というのは、ついでにできるという手軽さがありますので、根性などはとくに必要ありません。激しい動きも不要で、汗をかいても服がべたついて不快な思いをするようなこともありません。また、部屋に大きな鏡がない人でも大抵風呂場にはついています。自分の身体を見ながらバストアップに励むことができるので、目標を達成しようとする意識も強くなります。

国民生活センター「 美容を目的とした「プエラリア・ミリフィカ」を含む健康食品-若い女性に危害が多発!安易な摂取は控えましょう-」(外部サイト)

いつもの飲み物を変えるだけ!バストアップ効果のあるお茶3選

バストアップには毎日の食生活も大きく関係しています。栄養成分をしっかり摂取することで美乳を目指すことができますが、満足いく食事が摂れない場合には飲み物を利用することもひとつの方法です。それではバストアップに効果があるお茶にはどのようなものがあるのでしょうか?必要な栄養成分と、それらを摂取できるお茶の種類について紹介していきます。

黒い色が美人を作る!アンチエイジングにも効く黒豆茶

バストアップするためには、女性ホルモンが活発に分泌されることが大切です。女性ホルモンにより女性らしい体型になり、胸のふくらみも発達します。ストレスや疲労で乱れがちな女性ホルモンを整えてくれるのが、大豆イソフラボンという成分です。大豆イソフラボンは黒豆などに多く含まれており、香ばしい黒豆茶がバストアップにも効果的だとして人気を呼んでいます。

黒豆の皮の黒紫色はアントシアニンと呼ばれる成分による色素で、アントシアニンは高い抗酸化作用が認められています。体内の活性化酸素を抑制してくれるので、アンチエイジングにも良いのです。若々しさを維持できる上に女性ホルモンも活性化してくれる黒豆茶は、まさに女性の美をサポートしてくれるお茶と言えるでしょう。大豆イソフラボンとアントシアニンのダブル効果で、美乳美女を目指したいものです。

最近ではフレーバーつきも!ルイボスティーは女性の味方

美容や健康に良いと人気のルイボスティーは、実はバストアップにも良いとされています。ルイボスティーは南アフリカ発祥のマメ科のお茶で、ビタミンやミネラル類を多く含む上に女性ホルモンを活性化させてくれます。女性ホルモンが活発に分泌されると、乳腺も刺激されるのでバストの成長が期待できるのです。さらにルイボスティーを飲むと、ほっと落ち着くという人も多いでしょう。

ルイボスティーには精神を安定してリラックスできる働きもあり、女性ホルモンの乱れにつながるストレスの緩和にもなるのです。抗酸化作用も高く、アンチエイジング効果を実感しながらバストアップを目指すことができます。女性にとって嬉しい効能が溢れているお茶だと言えるでしょう。オレンジやレモンなどのフレーバーのルイボスティーも登場しているので、お好みのものを探して是非取り入れたいものです。

栄養不足なあなたには飲むサラダのマテ茶がおすすめ

バストアップのためには、βカロチンやビタミンCなどのビタミン類やミネラルといった成分も欠かせません。それらの成分により肌細胞の代謝も良くなり、美しい肌でハリのあるバストが作られていくのです。けれども野菜が苦手であったり忙しくて外食が増えたりすると、ビタミンやミネラル不足になりがちです。それではバストアップも叶いません。そこでおすすめが、飲むサラダとも呼ばれるマテ茶です。

マテ茶とは、モチノキ科のマテの木の葉や枝を乾燥させて作られるお茶で、コーヒー・紅茶と共に世界三大飲料の1つとされています。何より注目すべきは、マテ茶には非常にビタミンとミネラル分が豊富に含まれていることです。飲むサラダと呼ばれるように、マテ茶を飲むことでしっかりと不足しがちな栄養成分を取り入れることができます。

まとめ

黒豆茶からルイボスティー、マテ茶と、バストアップ対策につながるお茶にもいろいろあることが分かりました。大豆イソフラボンやビタミンなどの栄養成分を手軽に摂取できるのは、とても魅力的だと言えます。アルコールやジュースなどの代わりに、これらのお茶を飲むようにしてみましょう。お茶のメリットは、忙しい人でも毎日手軽に摂取できる点にもあります。

家庭で食事の際に飲むだけでなく、水筒に入れて職場やお出かけ先に持って行けば1日を通していつでもどこでも飲めるでしょう。また黒豆などもたくさん食べるのはなかなか難しいものですが、ドリンクであればたっぷり摂取できます。胃にも優しくて体内吸収も良いので安心です。美しいバストを目指したい方は、さっそく今日からお気に入りのお茶を探して試してみてはいかがでしょうか。

厚労省「 プエラリア・ミリフィカを含む健康食品に関するQ&A」(外部サイト)

Top