バストアップがうまくいかない人が気をつけるべきこと

女性らしい豊かなバストを目指して日々努力している人は多いはずです。しかし、いくらバストアップのためのマッサージをしたり、サプリメントを飲んでも効果が見られないという「停滞期」は誰にでも訪れます。「バストアップなんて無理かもしれない」と諦める前に、停滞期の原因と乗り越えるための方法を探してみましょう。

最近乱れがちだったかも?生活習慣の改善を

バストアップが停滞期に入ったら、まず生活習慣を振り返ってみましょう。いくら頑張ってマッサージをしたり効果のある成分を体の中に取り入れても、バストアップを妨げる生活をしていては意味がありません。例えば最近、日付を超えるまで起きていることはないでしょうか。バストアップに必要な女性ホルモンは、22時~2時の間に最も分泌されると言われています。睡眠を大切にしていても、この時間帯を逃すとあまり効果がないのです。

さらに、睡眠時間が短いと血行が悪くなり、ホルモンが乳腺まで届かなくなってしまいます。運動不足や身体の冷えもまた、血行を悪くしてバストアップを妨げる原因です。そのため現在クーラーの効いた部屋で長時間座りっぱなしになっていたら、それはバストアップを目指す上ではかなりよくない状態だと言えます。身体の冷えを改善するには冷たい飲み物を避け、ブランケットやカーディガンで体を冷たい風から守ることが大切です。時々軽いストレッチをすることも血行改善に役立ちます。

ブラは育乳の基本!いつでも自分に合ったブラを

バストアップにブラは関係ないと思っていませんか?それは大きな間違いです。ブラこそバストアップの基本であり、合わないブラはバストの形を崩すことにもなりかねません。自分のバストサイズより大きなブラを付けていると、バストが揺れるためにそれを支える皮膚や靭帯が伸びてしまいます。そうなるとたとえサイズが大きくなっても支えきれずに下に垂れてしまい、美しいバストラインにもならないのです。

また、バストの肉が背中に流れてしまうことにもなり、本来のサイズよりも小さく見えてしまいます。さらに合わないブラは血行を妨げるので、バストアップに大切なホルモンを乳腺にしっかりと届けるためにも自分に合ったブラを選ぶ必要があります。女性のバストサイズは変化しやすいので、少々面倒ですが、ブラを買いに行く際には毎回お店でサイズを測ってもらうことがおすすめです。

新しい刺激も必要?いつものバストアップ習慣も見直して

生活習慣を見直して、ブラジャーもしっかりサイズを合わせたのに停滞期から抜け出せない時は、身体が刺激に慣れてしまったのかもしれません。特にバストアップのためにマッサージを行っていると、次第に効果が見られなくなっていくことがよくあります。そんなときは別のマッサージ方法を試してみたり、少しの間止めてみるのも停滞期を抜け出すために有効です。

長く同じ方法を続けているといつの間にかマッサージだけが目的になって、バストアップに大切なポイントが抑えられていないということも考えられるためです。なかなか効果が見られないイライラも、ホルモンバランスを乱してしまう原因になってしまいます。「効果があるのかな?」と不安な気持ちで続けるよりも、まずはいつもの習慣を見直して気持ちをリセットしてみましょう。

まとめ

バストアップ停滞期を抜け出すために大切なことは、生活習慣と自分に合ったブラを選ぶこと、そして時にはいつもの習慣を見直すことでした。それに加えて、女性にはバストアップに向かない時期が必ずあります。それは排卵後から生理中です。なぜならこの時期はホルモンバランスがとても乱れやすく、ホルモンの分泌量自体も減少してしまうためです。反対にバストアップに向いている時期とは、生理の終わりから排卵直前の頃の間です。

そのため生理中はバストアップのマッサージなどは避け、バランスのよい食事や十分な睡眠など身体の調子を整える生活習慣を送り、生理後に備えましょう。同じく停滞期も身体を大切にする時期だと考えれば、効果が見られないストレスも小さくなるはずです。まずは気持ちを前向きにして停滞期を乗り越えましょう。

厚労省「 プエラリア・ミリフィカを含む健康食品に関するQ&A」(外部サイト)

厚労省「第1表 全世帯及び各種世帯別にみた世帯の状況」(外部サイト)

Top