バストアップには寝方も重要!バストアップを実現する正しい寝方とは

毎晩寝るとき、どのような姿勢で寝ているでしょうか?睡眠中は女性ホルモンが1日の中でも一番活性化する時間であり、この時間を上手に活用することが美乳作りにもつながります。ふくよかで綺麗な形のバストのためには、一体どのような寝方をすれば良いのでしょうか。さらに、ナイトブラの効力についても紹介していきます。

バストによいのは仰向け寝だった!?

寝ているときの姿勢は、バストの形作りや成長にも大きく関係しています。毎晩どのような寝方をしているか、改めて確認してみましょう。人によって寝方の癖があり、左右どちらか横を向いて寝ることが多い人もいればうつ伏せで寝る人もいるかもしれません。さまざまな寝方の中で最もバストに良い姿勢は仰向けです。上を向いて寝ることで呼吸もしやすくリラックスできて良く眠れるので、女性ホルモンの分泌も盛んになります。

またバストが上を向いているので圧迫されず、血流が良くなる点も良いのです。反対に、最もバストに悪影響を及ぼしてしまうのは、うつ伏せの寝方です。うつ伏せは血液循環も悪くなりますし、身体の重みでバストを抑えてしまうのでバストが成長しにくくなります。うつ伏せで寝る癖がある人は、さっそく今夜から仰向けで寝るように心がけていきましょう。

胸の形を整える!ナイトブラはおすすめ

いくらふくよかなバストでも、下向きに垂れていては残念なものです。上を向いた形の良い美乳作りをサポートしてくれるのが、ブラジャーなのです。自分のサイズに合ったブラジャーを付けることで、胸の形を整えてさらにリフトアップすることができます。けれども日中はブラジャーを付けていても寝るときも装着していると肩が凝るでしょう。窮屈で寝にくいという人も見られます。

そこで役に立つのが、ナイトブラです。夜専門に作られているナイトブラであれば、睡眠中でも着け心地が良くてリラックスして眠れます。寝ている間もしっかりとバストを支えてくれるので、安心です。昼間に付けるブラジャーでナイトブラを代用すると、圧迫されて血流が悪くなり逆効果なのでおすすめできません。下着専門店などに行って、夜専用のブラジャーを探してみると良いでしょう。

よく寝る子は胸も育つ?枕や寝具にもこだわって

バストアップに大きく関係している女性ホルモンは、実は寝ている間が最も盛んに働いています。ホルモン分泌が活性化することで女性らしい体型になり乳腺も刺激されてバストが発達するのです。睡眠不足が少ない人は女性ホルモンの分泌も減ってしまい、バストの成長を妨げてしまうことになります。要するに、バストアップには質の良い睡眠をしっかりとることも重要なのです。

質の良い睡眠を得るためには、リラックスできる環境作りをすることも鍵となります。肩や首に負担がかからないように自分に合った枕を使うと共に、ベッドの硬さや通気の良いシーツなど寝具にもこだわってみましょう。7~8時間寝るように心がけたいものです。寝つきの悪い人は寝る前にホットミルクや生姜湯などを飲んでリラックスするのも良いでしょう。

まとめ

夜間寝ている時間こそ、女性ホルモンが働いてバストアップのために重要な時間であることが分かりました。そして理想的な寝方としては、仰向けの姿勢が質の良い睡眠を得ることができて血流を妨げないのでバストに良いというわけです。最近なんだかバストが垂れてきたと感じる人は、さっそくナイトブラの着用を試してみましょう。美しいバストを目指すのであれば、ただ寝るというのでは勿体ないのです。

このように、寝る姿勢や下着などで夜間対策を行いながら、同時に栄養価の高い食事やエクササイズを取り入れることで、よりいっそうバストアップが実現しやすくなります。まずはできることから少しずつトライしていくことで、理想の美乳も夢ではないかもしれません。何よりどの方法も継続して行うことが大切と言えるでしょう。

厚労省「プエラリア・ミリフィカを含む健康食品の取扱いについて」(外部サイト)

Top