バストアップに必須!プエラリアとプエラリアミリフィカとは

バストアップサプリで必須成分になりつつあるプエラリアは、植物の名前です。プエラリアにも種類がありますが、中でもプエラリアミリフィカは女性ホルモンと似た働きをする成分が豊富に含まれています。

プエラリアは植物の名前で種類が多い

プエラリアはタイやミャンマーなどの亜熱帯地域が原産のマメ科の植物です。根の部分が大きくなることで知られており、現地では食料やハーブの一種として用いられてきました。ポイントになるのが、プエラリアには種類があると言うことです。

プエラリアは根の色から、赤プエラリア、黒プエラリア、白プエラリア、などに分けられます。中でもバストアップに効果的と言われているのが白プエラリアです。プエラリアミリフィカは白プエラリアを示す名称です。

白プエラリアには「ミロエストロール」と言う成分が豊富に含まれています。ミロエストロールは女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似た働きをします。エストロゲンは生理や更年期障害などに影響を与えると言われています。

エストロゲンと似た作用がある成分の一つが大豆イソフラボンです。ミロエストロールは大豆イソフラボンよりも効率的に体に作用することから、より有用な物質として注目を集めるようになりました。生理不順や月経前症候群(PMS)の症状改善だけではなく、バストアップ成分として注目を集めるようになったのです。

プエラリア自体もマメ科の植物でイソフラボンが豊富

ポイントになるのはプエラリア自体もマメ科の植物であることです。エストロゲンのように作用するイソフラボンが豊富で、プエラリアミリフィカはさらに強力な成分を含んでいます。その有用性から、タイの国立農業大学ではプエラリアミリフィカの研究と生産が行われ、輸出が厳しく制限されています。国際的に競争力がある農産物のため、ブランドイメージの低下や品質の低下を招かないように保護されています。

プエラリアミリフィカが十分に育つまでは3年程度時間がかかるのもポイントです。本格的な生産や成分の研究が始まったのも1930年代以降です。生産の歴史が浅く、年月がかかるため貴重な植物になっているのです。野生のプエラリアミリフィカは乱獲が進み貴重になっています。また、プエラリアミリフィカに良く似たプエラリアも多いため、購入ルートによっては全く別のものが混じってしまうこともあります。ただプエラリアを求めるのではなく、品質の良いプエラリアミリフィカを使うことが重要になっているのです。

バストアップ製品に使われる理由は

プエラリアミリフィカは、それまで一般的だった大豆イソフラボンよりも効率的に植物性エストロゲンを摂取できます。植物性エストロゲンは女性ホルモンの一種であるエストロゲンのように作用する植物成分の総称です。

エストロゲンは生理や閉経の際に大きく生産量が変わることが知られています。肌や髪の質にも影響を与えます。出産前後は特に変化が大きく、バストが大きくなる要因の一つとも考えられています。バストのほとんどは脂肪でできていて、残りは乳腺でできています。出産時はエストロゲンの分泌量が上昇し、乳腺の発達が刺激されると言われています。乳腺の発達と同時に胸に栄養が集まり、バストアップにつながるのです。

注意したいのはバストの発達には個人差があることです。そのため、バストアップサプリは長期間利用することが前提になっていて、継続的に利用するのが基本です。1日でバストが大きくなることはないため、続けることが大切です。バストアップのためのマッサージや運動などを組み合わせるとさらに効果的です。プエララリアミリフィカとの相乗効果を狙った方が効果を実感しやすくなるのです。

厚労省「 プエラリア・ミリフィカを含む健康食品に関するQ&A」(外部サイト)

Top