胸が大きくなる仕組みを徹底解説

バストアップを目指すなら、胸が大きくなる仕組みを知っておくことをオススメします。どうやって胸が大きくなるか理解していれば、効果的なマッサージや食生活を送ることができます。

乳腺の発達で胸が大きくなる

胸は脂肪と乳腺でできていて、その土台を筋肉とクーパー靭帯と呼ばれる繊維が支えています。脂肪が増えればそれだけ胸が大きくなりますが、胸にどれだけ脂肪があつまるかは体質などによって変わってきます。ポイントになるのが乳腺の発達です。乳腺は母乳を出すための組織で、乳腺が発達することで胸に脂肪があつまりやすくなります。胸にあつまる脂肪は乳腺を守るためにあると言う説があり、実際に乳腺が発達することで胸が大きくなることがあるのです。

乳腺の発達に重要な役割を果たすのが女性ホルモンです。乳腺は女性ホルモンの変化に敏感で、整理前後で胸のサイズが大きく変わる人もいます。もっともわかりやすいのは出産時で、赤ちゃんに母乳を与えるために乳腺が発達します。妊娠時に乳腺が急激に発達するケースは多く、痛みを感じる人がいるほどです。女性ホルモンは生活習慣や食習慣で分泌量が変わることがあります。バストアップを目指すのであれば、日ごろの生活を見つめ治すことが必要なのです。

女性ホルモンに似た成分とは

胸を大きくするためには、普段の生活を見直して女性ホルモンの分泌量をコントロールする必要があります。植物の中にはエストロゲンに似た働きをする成分を含むものがあり、バストアップサプリなどに利用されています。代表的な成分がプエラリアで、大豆イソフラボンなども有名です。プエラリアはサプリメントでの摂取が基本で、バストアップサプリも数多く売られています。また大豆イソフラボンもバストアップに効果があると言われており、バストアップのために納豆や豆乳を積極的に摂っている女性も多いです。

女性ホルモンを増やしても、胸に栄養がいかなければ効果が感じられない場合があります。適切なバストアップマッサージは胸の血行を良くし乳腺に必要な栄養を届きやすくするため乳腺の発達に効果があると言われています。運動をすることで成長ホルモンの分泌を促し、相乗効果を目指す女性も多いです。

胸を小さくする生活習慣とは

バストアップを考える時にはバストダウンさせてしまうような生活習慣がないか見直すことも重要です。バストは筋肉とクーパー靭帯で支えられているため、筋肉が衰えれば胸も小さく見えてきます。クーパー靭帯が切れれば胸が垂れ下がり、形が悪く見えます。適度に運動を行い、胸の筋肉を増やすことはバストアップのために重要です。運動不足がバストのサイズダウンに影響することがあります。

運動する場合は胸を保護することも大切だと言われます。クーパー靭帯は一度傷つくと再生されないため、しっかりと保護する必要があります。スポーツ時はスポーツブラ、寝る時はナイトブラをつけるなど、意識して使い分けましょう。補正下着をつけっぱなしにするのも良くありません。スタイルを良く見せるためにはプラスになりますが、体を締め付けるため血流が悪くなってしまうことがあるからです。補正下着に依存することで胸の筋肉が衰え、胸の形が悪くなることもあります。

バストアップを目指すなら栄養バランスの良い食生活を送ったり、適度な運動をすること。またバストアップ効果のあるプエラリアを配合したバストアップサプリを利用するのもオススメです。

厚労省「第1表 全世帯及び各種世帯別にみた世帯の状況」(外部サイト)

厚労省「 プエラリア・ミリフィカを含む健康食品に関するQ&A」(外部サイト)

Top