貧乳女子は必見!胸を大きくする方法

日ごろの生活を見直すことでバストアップを実現できることがあります。バストアップのためには胸に栄養を届けて成長を促すことが重要になります。

食事と生活習慣の見直しは基本に

貧乳で悩んでいて、胸のサイズが気になる場合は最初に食事と生活習慣を見直しましょう。胸は乳腺と脂肪でできていますが、乳腺が発達しなければ脂肪も集まりにくくなっています。つまりバストアップを目指すのであれば、乳腺が成長するように胸に栄養を届ける必要があるのです。

バストアップのために脂肪をたくさん摂取しても、胸よりもお腹周りなどから脂肪がつく女性も多いです。極端に偏った食事はマイナスになるため、栄養バランスを考えた食生活を送りましょう。体を成長させるためにはたんぱく質が重要になるため、肉や魚も食べるのがバストアップにはおすすめです。またサプリメントなどでプエラリアを摂取するのもバストアップ効果があると言われています。食生活以外にもしっかりと睡眠をとることや、飲酒や喫煙の習慣を避けることも大切です。

バストアップには女性ホルモンが大きく影響していますが、女性ホルモンは寝ている時にたくさん分泌されます。そのためバストアップのためには睡眠は重要です。眠るときは時間を長くするだけでなく、睡眠の質を深める工夫をする必要があります。質の高い睡眠を得るためにアロマや音楽を使って落ち着ける環境を作るのも良いと言えます。

バストアップのエクササイズの仕方

バストアップで見落とされやすいのが、運動不足やダイエットのしすぎです。運動不足になると血液の循環が悪くなり、胸に血液と栄養が流れにくくなります。ダイエットをしすぎると胸を支える筋肉までやせてしまい、胸が小さく見える原因となります。エクササイズとマッサージを取りいれることは重要で、胸の土台を大きくし、胸に栄養を届けられる用になります。継続することも重要なため、無理をしない範囲で地道に続けることも大切になります。

簡単なエクササイズは、合掌のポーズをとりながら胸に力を入れる方法です。背筋を伸ばし、5秒程度力を入れた状態をキープすることが大切です。10回セットを1日3回行うだけでもかなりの違いがでます。腕立て伏せも有効ですが、腕の筋肉がつくのが不安な場合は軽く流す形でも大丈夫です。全身の血流の流れを意識して、腕や足を伸ばすストレッチを加えると更に効果的です。体のバランスを整えるのにもプラスになります。

マッサージのしすぎは逆効果になる

バストアップマッサージを行う際は胸だけでなく、周辺からの血液の流れやリンパの流れを意識して行いましょう。特に首からわきの下、胸にかけては太い血管とリンパの流れが集中しています。首筋から胸までのラインをなぞるように優しくマッサージしましょう。または力の入れすぎは厳禁です。力を入れすぎると乳腺や、バストを支えるクーパー靭帯を傷つけてしまう可能性があるからです。クーパー靭帯が傷つくとバストが垂れる原因になります。

姿勢を良くすることも重要に

胸が大きくなればそれだけ肩に負担がかかりやすくなります。また、胸の重さで猫背になってしまい、胸が目立たなくなってしまうこともあります。背筋を鍛えて胸を張るだけでも印象が換わるのは覚えておきたいポイントです。わかりやすいのは懸垂ですが、女性の場合は全くこなせない人もいます。ヒモなどを使って懸垂の補助をしたり、バランスボールで姿勢を維持することで背筋を鍛える人もいます。道具を使わないのであればスクワットも有効です。日ごろオフィスワークをしている人や、スマホを頻繁に見る癖がある人は背筋が弱っている可能性もあります。定期的に背筋を伸ばすようにすると、背中がこりにくくなり、姿勢の悪化を防げます。

プエラリアのバストアップ効果

プエラリアはタイやミャンマーなどの亜熱帯地域が原産のマメ科の植物です。プエラリアには「ミロエストロール」と言う成分が豊富に含まれています。ミロエストロールは女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似た働きをするため、バストアップ効果があると言われています。プエラリアの中でもプエラリアミリフィカは特にバストアップ効果が高いと言われています。

プエラリア以外にも大豆イソフラボンも女性ホルモン様作用があると言われているため、バストアップを目指すなら積極的に摂取したい成分です。プエラリアも大豆イソフラボンも女性ホルモン様作用によりバストアップ以外にも生理不順や月経前症候群(PMS)にも効果があると言われています。

プエラリアミリフィカを摂取するならバストアップサプリがオススメです。手軽にプエラリアを摂取できるため胸を大きくしたい女性の間で話題になっています。ただしプエラリアは女性ホルモンに影響を与えるため体調が変化することもあります。そのためバストアップサプリを飲んでいる時に体調不良を感じたら、サプリメントを飲むのをやめ専門機関に相談するようにしましょう。

厚労省「 プエラリア・ミリフィカを含む健康食品に関するQ&A」(外部サイト)

Top