貧乳女子は必見!胸を大きくする方法

日ごろの生活を見直すことでバストアップを実現できることがあります。バストアップのためには胸に栄養を届けて成長を促すことが重要になります。

食事と生活習慣の見直しは基本に

貧乳で悩んでいて、胸のサイズが気になる場合は最初に食事と生活習慣を見直しましょう。胸は乳腺と脂肪でできていますが、乳腺が発達しなければ脂肪も集まりにくくなっています。つまりバストアップを目指すのであれば、乳腺が成長するように胸に栄養を届ける必要があるのです。

バストアップのために脂肪をたくさん摂取しても、胸よりもお腹周りなどから脂肪がつく女性も多いです。極端に偏った食事はマイナスになるため、栄養バランスを考えた食生活を送りましょう。体を成長させるためにはたんぱく質が重要になるため、肉や魚も食べるのがバストアップにはおすすめです。またサプリメントなどでプエラリアを摂取するのもバストアップ効果があると言われています。食生活以外にもしっかりと睡眠をとることや、飲酒や喫煙の習慣を避けることも大切です。

バストアップには女性ホルモンが大きく影響していますが、女性ホルモンは寝ている時にたくさん分泌されます。そのためバストアップのためには睡眠は重要です。眠るときは時間を長くするだけでなく、睡眠の質を深める工夫をする必要があります。質の高い睡眠を得るためにアロマや音楽を使って落ち着ける環境を作るのも良いと言えます。

バストアップのエクササイズの仕方

バストアップで見落とされやすいのが、運動不足やダイエットのしすぎです。運動不足になると血液の循環が悪くなり、胸に血液と栄養が流れにくくなります。ダイエットをしすぎると胸を支える筋肉までやせてしまい、胸が小さく見える原因となります。エクササイズとマッサージを取りいれることは重要で、胸の土台を大きくし、胸に栄養を届けられる用になります。継続することも重要なため、無理をしない範囲で地道に続けることも大切になります。

簡単なエクササイズは、合掌のポーズをとりながら胸に力を入れる方法です。背筋を伸ばし、5秒程度力を入れた状態をキープすることが大切です。10回セットを1日3回行うだけでもかなりの違いがでます。腕立て伏せも有効ですが、腕の筋肉がつくのが不安な場合は軽く流す形でも大丈夫です。全身の血流の流れを意識して、腕や足を伸ばすストレッチを加えると更に効果的です。体のバランスを整えるのにもプラスになります。

マッサージのしすぎは逆効果になる

バストアップマッサージを行う際は胸だけでなく、周辺からの血液の流れやリンパの流れを意識して行いましょう。特に首からわきの下、胸にかけては太い血管とリンパの流れが集中しています。首筋から胸までのラインをなぞるように優しくマッサージしましょう。または力の入れすぎは厳禁です。力を入れすぎると乳腺や、バストを支えるクーパー靭帯を傷つけてしまう可能性があるからです。クーパー靭帯が傷つくとバストが垂れる原因になります。

姿勢を良くすることも重要に

胸が大きくなればそれだけ肩に負担がかかりやすくなります。また、胸の重さで猫背になってしまい、胸が目立たなくなってしまうこともあります。背筋を鍛えて胸を張るだけでも印象が換わるのは覚えておきたいポイントです。わかりやすいのは懸垂ですが、女性の場合は全くこなせない人もいます。ヒモなどを使って懸垂の補助をしたり、バランスボールで姿勢を維持することで背筋を鍛える人もいます。道具を使わないのであればスクワットも有効です。日ごろオフィスワークをしている人や、スマホを頻繁に見る癖がある人は背筋が弱っている可能性もあります。定期的に背筋を伸ばすようにすると、背中がこりにくくなり、姿勢の悪化を防げます。

プエラリアのバストアップ効果

プエラリアはタイやミャンマーなどの亜熱帯地域が原産のマメ科の植物です。プエラリアには「ミロエストロール」と言う成分が豊富に含まれています。ミロエストロールは女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似た働きをするため、バストアップ効果があると言われています。プエラリアの中でもプエラリアミリフィカは特にバストアップ効果が高いと言われています。

プエラリア以外にも大豆イソフラボンも女性ホルモン様作用があると言われているため、バストアップを目指すなら積極的に摂取したい成分です。プエラリアも大豆イソフラボンも女性ホルモン様作用によりバストアップ以外にも生理不順や月経前症候群(PMS)にも効果があると言われています。

プエラリアミリフィカを摂取するならバストアップサプリがオススメです。手軽にプエラリアを摂取できるため胸を大きくしたい女性の間で話題になっています。ただしプエラリアは女性ホルモンに影響を与えるため体調が変化することもあります。そのためバストアップサプリを飲んでいる時に体調不良を感じたら、サプリメントを飲むのをやめ専門機関に相談するようにしましょう。

厚労省「 プエラリア・ミリフィカを含む健康食品に関するQ&A」(外部サイト)

胸が大きくなる仕組みを徹底解説

バストアップを目指すなら、胸が大きくなる仕組みを知っておくことをオススメします。どうやって胸が大きくなるか理解していれば、効果的なマッサージや食生活を送ることができます。

乳腺の発達で胸が大きくなる

胸は脂肪と乳腺でできていて、その土台を筋肉とクーパー靭帯と呼ばれる繊維が支えています。脂肪が増えればそれだけ胸が大きくなりますが、胸にどれだけ脂肪があつまるかは体質などによって変わってきます。ポイントになるのが乳腺の発達です。乳腺は母乳を出すための組織で、乳腺が発達することで胸に脂肪があつまりやすくなります。胸にあつまる脂肪は乳腺を守るためにあると言う説があり、実際に乳腺が発達することで胸が大きくなることがあるのです。

乳腺の発達に重要な役割を果たすのが女性ホルモンです。乳腺は女性ホルモンの変化に敏感で、整理前後で胸のサイズが大きく変わる人もいます。もっともわかりやすいのは出産時で、赤ちゃんに母乳を与えるために乳腺が発達します。妊娠時に乳腺が急激に発達するケースは多く、痛みを感じる人がいるほどです。女性ホルモンは生活習慣や食習慣で分泌量が変わることがあります。バストアップを目指すのであれば、日ごろの生活を見つめ治すことが必要なのです。

女性ホルモンに似た成分とは

胸を大きくするためには、普段の生活を見直して女性ホルモンの分泌量をコントロールする必要があります。植物の中にはエストロゲンに似た働きをする成分を含むものがあり、バストアップサプリなどに利用されています。代表的な成分がプエラリアで、大豆イソフラボンなども有名です。プエラリアはサプリメントでの摂取が基本で、バストアップサプリも数多く売られています。また大豆イソフラボンもバストアップに効果があると言われており、バストアップのために納豆や豆乳を積極的に摂っている女性も多いです。

女性ホルモンを増やしても、胸に栄養がいかなければ効果が感じられない場合があります。適切なバストアップマッサージは胸の血行を良くし乳腺に必要な栄養を届きやすくするため乳腺の発達に効果があると言われています。運動をすることで成長ホルモンの分泌を促し、相乗効果を目指す女性も多いです。

胸を小さくする生活習慣とは

バストアップを考える時にはバストダウンさせてしまうような生活習慣がないか見直すことも重要です。バストは筋肉とクーパー靭帯で支えられているため、筋肉が衰えれば胸も小さく見えてきます。クーパー靭帯が切れれば胸が垂れ下がり、形が悪く見えます。適度に運動を行い、胸の筋肉を増やすことはバストアップのために重要です。運動不足がバストのサイズダウンに影響することがあります。

運動する場合は胸を保護することも大切だと言われます。クーパー靭帯は一度傷つくと再生されないため、しっかりと保護する必要があります。スポーツ時はスポーツブラ、寝る時はナイトブラをつけるなど、意識して使い分けましょう。補正下着をつけっぱなしにするのも良くありません。スタイルを良く見せるためにはプラスになりますが、体を締め付けるため血流が悪くなってしまうことがあるからです。補正下着に依存することで胸の筋肉が衰え、胸の形が悪くなることもあります。

バストアップを目指すなら栄養バランスの良い食生活を送ったり、適度な運動をすること。またバストアップ効果のあるプエラリアを配合したバストアップサプリを利用するのもオススメです。

厚労省「第1表 全世帯及び各種世帯別にみた世帯の状況」(外部サイト)

厚労省「 プエラリア・ミリフィカを含む健康食品に関するQ&A」(外部サイト)

妊娠で胸が大きくなる?妊婦が知っておきたいバストケア方法とは

妊娠で胸が大きくなる?妊婦が知っておきたいバストケア

妊娠してもすぐに胸が大きくなるわけではなく、人によってタイミングが異なります。中にはサイズが大きくならずに困る人もいるため、バストのケア方法を知っておきましょう。

妊娠してもバストが大きくならず困るケースも

妊娠すると必ずバストが大きくなると思われがちですが、中にはなかなか大きくならない人もいます。バストアップは母乳を出すための準備として起こる現象です。サイズが大きくならないと、乳腺の発達が遅れている可能性もあります。母乳を出すためには乳腺の発達が大切になります。胸のほとんどは脂肪でできていて、乳腺が発達することで胸が大きくなり、脂肪もあつまりやすくなります。妊娠中にバストの成長が遅れている場合は、日ごろの生活の見直しなどが必要かもしれません。

妊娠後にバストサイズが大きくなり始めるのは、妊娠から2ヵ月程度経ってからが一般的です。妊娠初期は赤ちゃんの成長に栄養を取られるため、胸が成長をはじめるのは少し時間がたってからです。食事のバランスを見直し、十分に栄養が取れているかを確認します。妊娠中は赤ちゃんの体作りのために多くのエネルギーを必要とします。妊娠初期に葉酸などの栄養が不足すると赤ちゃんが障害を持って生まれる生まれる確率も高くなるため、栄養バランスを考えるようにしましょう。睡眠不足やストレスも乳腺の発達に影響を与えるため、無理をしないことも大切です。

マッサージと栄養補助を意識する

注意したいのは、妊娠初期にバストアップマッサージなどをしても逆効果になることがあるということです。妊娠中の妊婦の体調は変わりやすく刺激もストレスになることがあります。バストアップマッサージをして良いかは医師の指導の元行う方が安全と言えます。個人差があるからこそ焦らないようにしましょう。ある程度体調が落ち着いてから、急激にバストサイズが大きくなる人もいます。乳腺の発達の遅れは栄養が十分でも血流の流れが悪くて乳腺に届かないなどの原因が考えられるためマッサージが有効なこともあります。マッサージには老廃物を排出する効果も期待できます。

バストサイズに合わせて下着も調整

胸のサイズが大きくなったら下着を調整することも大切です。妊娠中の胸は、サイズだけでなく形が大きくかわることがあります。下着をかえずにいると胸が圧迫され、胸の成長が阻害されることもあります。可能であればマタニティーブラを利用するのがおすすめです。デザインがオシャレなものも増えているため、産後もオシャレ感覚で身につけられるものもあります。妊娠中だけでなく、出産後も使えるものは多いため、ある程度サイズをそろえておいた方がよいでしょう。

産後は胸が大きくなった反動で、垂れやすくなる点にも注意が必要です。出産を終え、体が動かせるようになったら胸の筋肉を鍛えてバストを引き締める必要があります。下着の重要性はかわらないため、ナイト下着を利用するなど積極的に守っていく意識も大切です。

厚労省「プエラリア・ミリフィカを含む健康食品の取扱いについて」(外部サイト)

厚労省「日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要」(外部サイト)

プエラリア配合!話題のバストアップサプリとは

プエラリアは様々な美容成分を含んだ注目の植物です。特にバストアップに有効とされるプエラリアミリフィカは貴重な成分で、サプリや美容化粧品にも配合されています。女性ホルモンのバランスを整えることで、効率的なバストアップが目指せるのです。

プエラリアのバストアップ効果

妊娠時に胸が大きくなることから、バストアップには女性ホルモンの分泌量が関係すると考えられています。女性ホルモンと良く似た働きをするのが植物性エストロゲンです。植物性エストロゲンを補給することでバストアップを目指すのがバストアップサプリです。

植物性エストロゲンの一種として有名なのが大豆イソフラボンです。バストアップサプリの主要成分として有名になりましたが、現在は事情が変わっています。大豆よりも有用と見られる植物が発見されました。これが「プエラリア」です。プエラリアに含まれる成分は、大豆イソフラボンよりも強力に女性の体に作用することがわかったのです。成分の有用性からバストアップサプリに利用されるようになり、注目を浴びるようになりました。プエラリアの中でもプエラリアミリフィカはバストアップ効果が高いと言われています。

品質重視から低価格までラインナップも豊富

一口にプエラリア配合のバストアップサプリといっても、非常に多くの種類があります。ポイントになるのが原材料です。プエラリア以外の美容成分を贅沢に含んだものも多く、栄養豊富なサプリメントも存在します。もちろん、コスパ重視の低価格帯の商品も存在します。目的や予算に合わせて最適なサプリメントを選択しましょう。

定期的にプエラリアの品質検査を行っているメーカーもあります。プエラリアは種類が多く、中には低品質なものもあります。輸入ルートを厳選するなど工夫をするメーカーもあり、品質へのこだわりを目安に選ぶこともできます。また海外サプリには注意しましょう海外サプリは原材料のチェックなどが不十分なことも多いため、国産サプリを選ぶ方が良いと言えます。国産=安全というわけではありませんが、どこで作られているかは基準の一つにはなります。

バストアップサプリは薬ではないため、バストアップ効果が実証されているわけではないことも理解する必要があります。継続して飲み続けることと、生活習慣の見直しなどをセットでバストアップを目指しましょう。

バストアップサプリでは、プエラリアの上限が決まっています。バストアップ効果を期待してプエラリアの摂取量を増やすのは思わぬ副作用や体調不良の原因になることもあります。用法用量を守って継続的に飲むことが重要です。

月経前症候群などの対策に使う人も

女性ホルモンのバランスが乱れると、肌荒れが生じたり、気持ちが落ち込みやすくなったりと様々な悪影響がでます。月経前症候群は特に有名で、症状に悩む人が多いのも特徴となっています。実はプエラリアは、月経前症候群や更年期障害の対策に使えるのではないかと注目を浴びています。植物性エストロゲンで女性ホルモンを補うことで、症状が緩和できる可能性があります。

バストアップ以外にも肌荒れの改善などに使えるかもしれないのは大きな魅力です。ただし、症状には個人差があるため過信は禁物です。症状が重い場合は婦人科で診断を受け、薬を処方してもらった方が安全です。ホルモンバランスは自律神経の働きと密接に関わりあっています。睡眠の質の改善などに役立つこともあるため、生活が乱れがちだと思ったら利用してみるのも良いと言えます。ただしプエラリアミリフィカを配合した健康食品では体調不良などの報告が一部で上がってきています。用法用量を守り、体調不良を感じたらすぐに服用をやめ、専門機関にいくようにしましょう。

厚労省「 プエラリア・ミリフィカを含む健康食品に関するQ&A」(外部サイト)

国民生活センター「 美容を目的とした「プエラリア・ミリフィカ」を含む健康食品-若い女性に危害が多発!安易な摂取は控えましょう-」(外部サイト)

プエラリアの過剰摂取による副作用

バストアップに有効な成分と言われるプエラリアですが、副作用を不安に思う人もいます。プエラリアは現地で食料として食べられることもある安全な植物ですが、一部ではプエラリアが原因と思われる体調不良などの報告もあります。

プエラリアは食料として利用される

プエラリアはマメ科の植物で、根の部分が大きくなります。現地では根を食料品にするだけでなく、蔓を編み物やロープに使うなど捨てるところがない植物として知られています。食料品として出回っているため基本的には安全なものと考えられています。サプリメントとして利用される量はごくわずかで、配合量も上限が決まっています。タイではプエラリアミリフィカ末として100mgが1日の上限摂取量とされています。

サプリメントで副作用が出た場合は、プエラリア以外の成分が原因になっている可能性もあります。どんなサプリメントでも、組み合わせや体質などにより体調に影響が出ることがあります。摂取量を守ることと、別のサプリと併用しないことが基本です。

日本では食料としてプエラリアが流通することはありません。特にバストアップに有効とされるプエラリアミリフィカは輸出が厳しく制限されています。貴重な植物のため、タイ政府が加工品しか輸出しないようにしています。

低品質なプエラリアに要注意

プエラリアは過剰摂取しないことように気をつけるとともに、品質にも注意しましょう。プエラリアには様々な種類があり、中には毒を含んだ品種もあります。輸入や採取のルートによって安全でないものが混入する恐れがあるのです。タイから正式に輸出されたものに異物が混じることは基本的にありえず、安全性は非常に高くなっています。タイはプエラリアを国の経済を左右する植物として扱っていて、品質と生産の管理に力を入れているためです。

タイ以外の国から輸入されたプエラリアには注意が必要で、中には中身を誤魔化しているものもあります。日ごろ口にするものであれば安全性を優先した方がよいため、怪しいものは避けましょう。海外のサプリは安全性の基準が日本と違うため、海外のサプリは避ける方がベターかもしれません。材料の素性がわからないだけでなく、製造過程で異物が混入する恐れもあります。サプリメントの購入は国産品に絞るのがおすすめです。

アレルギーがある人はプエラリアの摂取に注意

過剰摂取による副作用とは別に注意したいのがアレルギーです。プエラリアはマメ科の植物で、根の部分を利用するのが特徴になっています。分類的にはイモになるため、イモアレルギーがある人は服用を避ける必要があります。また、プエラリアは大豆に良く似た成分を大量に含んでいます。大豆由来のイソフラボンなどに対してアレルギーを起こす人も注意が必要で、同じく服用を避ける必要があります。体質によって合わない人も存在するのです。

アレルギー以外にも服用に注意が必要なケースもあります。妊娠中や授乳中は女性ホルモンの量が赤ちゃんに大きな影響を与える可能性があります。安全性を考慮して避けましょう。生理不順や更年期障害の対策に使う人もいますが、薬との組み合わせや症状によって逆効果になることがあります。症状がひどい場合はまず婦人科などで医師の診察を受け、服用を控える必要があります。様子を見ながら調整した方が良いのです。

プエラリアミリフィカには強い女性ホルモン様作用を持つ成分が含まれているため、期待している豊胸、痩身などの効果のみが得られる訳ではありません。人によってはプエラリアミリフィカによりホルモンバランスが崩れることがあり「消化器障害」「皮膚障害」「月経不順」「不正出血」などの報告もあります。過剰摂取にならないように用法用量を守り、体調不良などを感じた場合には服用をすぐに止め専門機関に相談に行くようにしましょう。

国民生活センター「 美容を目的とした「プエラリア・ミリフィカ」を含む健康食品-若い女性に危害が多発!安易な摂取は控えましょう-」(外部サイト)

厚労省「プエラリア・ミリフィカを含む健康食品の取扱いについて」(外部サイト)

バストアップのために摂取したい栄養まとめ

バストアップには様々な栄養素が必要になります。胸は主に脂肪と乳腺でできていますが、脂肪だけをとっても太ってしまうからです。効率的にバストアップを目指すには必要な栄養素を覚え、バランスよく栄養を摂取する必要があります。

たんぱく質の摂取は非常に重要になる

バストアップに重要な栄養素の一つがたんぱく質です。たんぱく質が体の中で分解されるとアミノ酸になり、肌や髪など、様々な部分で使われます。体の成長に必要な栄養素のため、たんぱく質がなければ胸も大きくならないのです。

特にダイエット中はたんぱく質が不足しがちです。たんぱく質が不足すると、筋肉が分解されて脳や心臓の維持の利用されることがあります。体は常に生まれ変わっているため、重要な部分を守るために重要性が低い部分から栄養を奪うことがあります。筋肉がやせ細ると代謝が悪くなります。胸を支える筋肉も細くなるため、バストが小さくなってしまうケースもあるほどです。たんぱく質は肉や魚介、大豆製品に良く含まれています。野菜や果物だけではバストアップを目指すのは難しいのです。

鳥のささ身などは低脂肪で高たんぱく質の食材として知られています。また、魚の油には体の酸化を防止する成分が豊富に含まれているため、美容効果にも期待ができます。肉や魚をバランスよくとるのは大切なのです。たんぱく質を卵や牛乳で補う方法もあるため、選択肢を増やすと食生活が豊かになります。また、たんぱく質の摂取は女性ホルモンの増加にも貢献してくれます。

プエラリアや大豆イソフラボンも有効

バストアップのために良く使われる栄養素が、プエラリアや大豆イソフラボンです。どちらも女性ホルモンに似た働きをする植物性エストロゲンが豊富で、特にプエラリアは美容効果でも注目を浴びています。女性ホルモンのバランスが最も大きく変化するのは妊娠時です。母乳を与えるために胸が大きくなります。多くのバストアップ法は妊娠時の女性ホルモンの増加と、乳腺の発達を参考にして行われているのです。

プエラリアはマメ科の植物で、植物性エストロゲンが豊富に含まれています。原産国のタイでは国立大学が栽培方法などの研究を行っています。品質が高いプエラリアミリフィカは貴重で、輸出に制限があるほどです。大豆イソフラボンは大豆食品に豊富に含まれています。食事に大豆製品を入れ、更に効果を期待したいのであればプエラリアが入ったサプリを使うなど使い分けも可能です。大豆にはたんぱく質も含まれているため、栄養バランスがとりやすくなります。

ミネラル分の摂取も忘れないこと

ミネラルの摂取も非常に重要になってきます。バストアップを目指すには細胞の生まれ変わりを促進する必要がありますが、細胞の生まれ変わりには常に微量のミネラルが必要になります。鉄分や亜鉛など、体に必要なミネラルは非常に多いのです。

ミネラルが豊富に含まれるのは野菜や果物、海藻類です。レバーなどの内臓類や貝類もミネラルが豊富なものが多く、たんぱく質の補充にも役立ちます。普段食べる食事の中で組み合わせながらバランスを意識するのがおすすめです。鉄分や亜鉛を摂取する時は、ビタミンCを摂取するようにしましょう。ビタミンCには酸化したミネラルを還元することで、吸収を助けてくれる作用があるからです。レモンに多く含まれていることが知られていますが、意外なところでは大根などにも含まれています。

あわせて葉酸を摂取する方法もあります。葉酸はビタミンB群の一種で、細胞の分裂を活発にする栄養素として知られています。成長期の子供や妊娠時は特に必要な成分の一つです。バストアップは胸の成長を促すことになるため、葉酸の摂取が助けになります。主にほうれん草などの緑黄欲野菜に含まれているため、野菜も食べた方が良いのです。

厚労省「プエラリア・ミリフィカを含む健康食品の取扱いについて」(外部サイト)

厚労省「日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要」(外部サイト)

バストアップに必須!プエラリアとプエラリアミリフィカとは

バストアップサプリで必須成分になりつつあるプエラリアは、植物の名前です。プエラリアにも種類がありますが、中でもプエラリアミリフィカは女性ホルモンと似た働きをする成分が豊富に含まれています。

プエラリアは植物の名前で種類が多い

プエラリアはタイやミャンマーなどの亜熱帯地域が原産のマメ科の植物です。根の部分が大きくなることで知られており、現地では食料やハーブの一種として用いられてきました。ポイントになるのが、プエラリアには種類があると言うことです。

プエラリアは根の色から、赤プエラリア、黒プエラリア、白プエラリア、などに分けられます。中でもバストアップに効果的と言われているのが白プエラリアです。プエラリアミリフィカは白プエラリアを示す名称です。

白プエラリアには「ミロエストロール」と言う成分が豊富に含まれています。ミロエストロールは女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似た働きをします。エストロゲンは生理や更年期障害などに影響を与えると言われています。

エストロゲンと似た作用がある成分の一つが大豆イソフラボンです。ミロエストロールは大豆イソフラボンよりも効率的に体に作用することから、より有用な物質として注目を集めるようになりました。生理不順や月経前症候群(PMS)の症状改善だけではなく、バストアップ成分として注目を集めるようになったのです。

プエラリア自体もマメ科の植物でイソフラボンが豊富

ポイントになるのはプエラリア自体もマメ科の植物であることです。エストロゲンのように作用するイソフラボンが豊富で、プエラリアミリフィカはさらに強力な成分を含んでいます。その有用性から、タイの国立農業大学ではプエラリアミリフィカの研究と生産が行われ、輸出が厳しく制限されています。国際的に競争力がある農産物のため、ブランドイメージの低下や品質の低下を招かないように保護されています。

プエラリアミリフィカが十分に育つまでは3年程度時間がかかるのもポイントです。本格的な生産や成分の研究が始まったのも1930年代以降です。生産の歴史が浅く、年月がかかるため貴重な植物になっているのです。野生のプエラリアミリフィカは乱獲が進み貴重になっています。また、プエラリアミリフィカに良く似たプエラリアも多いため、購入ルートによっては全く別のものが混じってしまうこともあります。ただプエラリアを求めるのではなく、品質の良いプエラリアミリフィカを使うことが重要になっているのです。

バストアップ製品に使われる理由は

プエラリアミリフィカは、それまで一般的だった大豆イソフラボンよりも効率的に植物性エストロゲンを摂取できます。植物性エストロゲンは女性ホルモンの一種であるエストロゲンのように作用する植物成分の総称です。

エストロゲンは生理や閉経の際に大きく生産量が変わることが知られています。肌や髪の質にも影響を与えます。出産前後は特に変化が大きく、バストが大きくなる要因の一つとも考えられています。バストのほとんどは脂肪でできていて、残りは乳腺でできています。出産時はエストロゲンの分泌量が上昇し、乳腺の発達が刺激されると言われています。乳腺の発達と同時に胸に栄養が集まり、バストアップにつながるのです。

注意したいのはバストの発達には個人差があることです。そのため、バストアップサプリは長期間利用することが前提になっていて、継続的に利用するのが基本です。1日でバストが大きくなることはないため、続けることが大切です。バストアップのためのマッサージや運動などを組み合わせるとさらに効果的です。プエララリアミリフィカとの相乗効果を狙った方が効果を実感しやすくなるのです。

厚労省「 プエラリア・ミリフィカを含む健康食品に関するQ&A」(外部サイト)

Top